注文住宅のメリットとは

###Site Name###

近年、持ち家を購入する際に、自分の好きな家を建てる事が可能である注文住宅を選択する人が、増加傾向にあります。
新築における、実に85%もの家が注文住宅であるというデータからも、建売住宅などよりも自分の好みに合った、注文住宅を購入したいと考えている人が如何に多いかが分かります。

注文住宅を選択する上でのメリットとしては、何といっても間取りに関する選択肢があるといった点が挙げられます。

設計の段階から、自分が希望している間取りを提示して、話し合いながら決めていけます。



その為、その自由度が高く、自分の生活などに合わせたものや、より住みやすい住居にする事が可能です。間取りは、その後の生活の質などを左右するとも言え、ここを自由に選択出来るといった点は、購入者達に高く評価されていると言えます。
そして次に、施工過程を自分の目で確かめる事が出来るといった点も挙げられます。一般的に注文住宅の場合には、購入者が設計から立ち会う事が可能であり、これは購入者にとって大きな安心に繋がるとも言えます。

日本は年々、台風や地震、津波などといった自然災害の影響により、多くの住宅や建物が倒壊し、多くの犠牲者達がその後の生活に頭を悩ませているといった場面が多々あり、それ故にそれら自然災害などに対応している建物なのかどうか、施工の段階で自分の目で確かめられるのは、建売住宅にはない魅力とも言えます。

そして最後に、自分好みの外観を選択出来るといった点が挙げられます。



建売住宅の場合、外観に関しては似た様なものが多く、特に住宅地などで同じメーカーから購入した場合などでは、そっくりな外観の家が隣同士、いくつも並んでいる事も珍しくありません。



その為、自分の好みや個性を活かした外観などを選択する事で、より自分の家と他の家との差別化を測る事も可能となります。